So-net無料ブログ作成
検索選択

スポンサー

変態仮面 小栗旬の手によってまさかの実写化!ファン唖然 [急上昇"気になる"ワード]

スポンサーリンク




060a7331.jpeg

1990年代に「週刊少年ジャンプ」で連載された人気ギャグ漫画「究極!!変態仮面」が
俳優、小栗旬(30)の発案で「HK 変態仮面」のタイトルで4月13日に公開!


原作の漫画画像↓
mig.jpeg


そして実写画像↓
oth13021404060011-p1.jpeg
この映画ポスター↑で変態仮面を体現した鈴木亮平は、
「『正義』『変態』とは何かを考えていただける、重厚な作品になりそうです」とエクスタシー…いや手応えを感じている。




そして衝撃の予告動画


スパイダーマンかと思う始まりからの、ものすごい映像ですね。(笑)

主人公を演じた俳優の鈴木亮平(29)を指名した小栗旬は、脚本協力として参加。
「アクションシーンも、きっちり撮影してほしい」
とリアルな映像を熱望し、パンティーをかぶった正義の味方が
小栗によってよみがえる事となる。

「究極!!変態仮面」とは・・・
93~94年に当時600万部以上の発行部数を誇った「週刊少年ジャンプ」に連載されたギャグ漫画。
ドM刑事とSM女王の間に生まれた高校生、色丞(しきじょう)狂介が、
女性のパンティーをかぶることで両親から受け継いだ変態の血を覚醒させ、超人的パワーを持つ変態仮面に変身。
ものすごい設定で悪人たちを懲らしめる痛快(?)コメディーだ。
連載期間は短かったものの、
パンティーにブーメランパンツ+網タイツ姿...というインパクト抜群のいでたちで、
“記録よりも記憶に残る漫画”として、
今でも漫画ファンに語り継がれている。

芸能界にもファンが多く、小栗もその1人だった。
好きな漫画に同作を挙げ、3年前にパーソナリティーを務めていたニッポン放送「オールナイトニッポン」では
原作者のあんど慶周氏(43)を招くほど映画化を熱望。
その思いに、
09年放送のフジテレビ系主演ドラマ東京DOGS」でタッグを組んだ福田監督が共鳴し、実写化が決定。
小栗は、製作陣との打ち合わせで
パンティーをかぶる衝動を止められない悲しみを背負ったヒーロー像を熱弁。
超人的アクションシーンの数々を「きっちり撮影してほしい」と話した。

10年に公開された小栗の初監督作品「シュアリー・サムデイ」にも出演した鈴木を、
「彼以外に考えられない」と指名。
意外な形?で出演が決まった鈴木は、変態仮面の超筋肉質な体を具現化するため、
一度15キロ増量させた後で脂肪をそぎ落とす体作りを敢行。
昨年12月にクランクインした際には、変態仮面姿の鈴木を見た撮影スタッフから「おぉ!」と歓声が上がったという。
3月中旬撮了予定で、小栗から全幅の信頼を受ける鈴木は
「迫力ある生身のアクションはもちろん、『俺は変態じゃないんだ!』という思春期の悩みに苦しむ少年の心を真摯に演じきりたい」と気合が入っている。

ヒロイン愛子役 清水富美加絶賛 鈴木に「いい体」
狂介が思いを寄せる天然お嬢様、姫野愛子役には「仮面ライダーフォーゼ」のヒロイン役で人気上昇の現役女子高生女優、清水富美加(18)。
撮影で鈴木の肉体を目の当たりにした清水は
「ごめんなさい。ほんとにいい体で、『気分はエクスタシー』でした」と変態仮面のセリフで絶賛。

★主題歌はロックバンド、MAN WITH A MISSIONの「Emotions」!!



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

スポンサー

最新情報エンタメ、スポーツ、芸能ブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。